左にフレームのメニューが出ていない場合はこちらをクリックして下さい。メニューフレームの付いた別ウィンドウが表示されます。
1A・1B・1C 空調・衛生施工マニアル

空調・衛生施工マニアル編 合計 394ページ(CAD版は382ページ)
空調・衛生施工マニアル編の使い方や検索のしかたはこちら
 ファイル名の末尾にこのアイコンがあるファイルはサンプルダウンロード出来ます。
.
  .pdfファイルなので閲覧ソフトがインストールされている必要があります。
  ファイルはダウンロード用に圧縮(LZH)してあります。解凍してご覧下さい。

1A-PDF版、1B-Word版、  1C-CAD版、 の3種類あります。
※1C-CAD版には、DWG・DXF・PDFの3種類のホーマットが入っています。
 PDF版はファイル検索に便利です。
任意の項目をクリックして下さい。収録内容明細にジャンプします。

          総  目  次

 1. スリーブ・箱入れ・インサート・アンカー     40 page

 2. 搬  入                 4 page

 3. 養  生                 9 page

 4. 機  器                 31 page 

 5. 配  管               114 page 

 6. 消 火 配 管             26 page 

 7. 冷 媒 配 管              27 page  

 8. さ や 管 工 法           12 page 

 9. ダ ク ト               69 page  

 10. 自 動 制 御 機 器        23 page 

 11. 衛 生 機 器 の 取 付 け     39 page 

             (-1-)

         目   次

1. スリーブ・箱入れ・インサート・アンカー
1-1 スリーブ・箱の使用区分
1-2A スリーブ・箱の大きさ
1-2C スリーブ・箱の大きさ
1-2D スリーブ・箱の大きさ
1-3A スリーブ・箱の種類 (ツバ付スリーブ)
1-3B 〃 (スリーブの材質)
1-4A スリーブ・箱の取付け手順(梁・壁貫通スリーブ)
1-4B 〃 (床・箱・PC)
1-5A スリーブ・箱の取付け方法 (梁貫通 SRC構造)
1-5B 〃 (梁貫通 RC構造)
1-5C 〃 (壁立上がり配管用スリーブ)
1-5D 〃 (外壁貫通スリーブ)
1-5E 〃 (外壁貫通スリーブ)
1-5F 〃 (外壁貫通スリーブ)
1-5G 〃 (外壁貫通スリーブ)
1-5H 〃 (外壁貫通スリーブ)
1-5I 〃 (水槽の防水層を貫通するスリーブ)
1-5J 〃 (水槽の防水層を貫通するスリーブ)
1-5K 〃 (デッキプレートを貫通するスリーブ)
1-5L 〃 (壁の一般用箱入れ)
1-5M 〃 (壁のダクト実管箱入れ)
1-5N 〃 (壁の消火栓用箱入れ)
1-5O 〃 (床の一般用箱入れ)
1-5P 〃 (床のダクト実管箱入れ)
1-5Q 〃 (床のサヤ管用箱入れ)
1-5R 〃 (鉄板壁スリーブ)
1-5S 〃 (鉄板壁スリーブ)
1-6A インサート・アンカーの大きさ
1-6B 〃 (インサートの種類)
1-6C 〃 (配管用インサートの間隔)
1-6D 〃 (配管用インサートの間隔)
1-6E 〃 (配管用インサートの間隔)
1-7A インサート・アンカーの取付け手順(吊り・基礎用)
1-7B 〃 (フック)
               (-1-)

1-8A インサート・アンカーの取付け方法
1-8B (各種アンカーの取付け)
1-8C (重量用フック)
1-8D (ケミカルアンカーの取付け)
1-8E
1-9 スリーブ・箱の確認
設備マニアル目次へ戻る
2. 搬 入
2-1 搬入計画書 (組織表)
2-2A 〃 (タイムスケジュール)
2-2B 〃 (搬入リスト)
2-2C 〃 (搬入据付け計画書)
3. 養 生
3-1A 機器類の養生方法 (養生リスト)
3-1B 〃 (衛生陶器類)
3-1C 〃 (モーター・盤類)
3-1D 〃 (水槽・製缶機器類)
3-2A 開口部の養生方法 (床開口部)
3-2B 〃 (床貫通・外壁貫通部)
3-2C 〃 (スリーブ・箱養生)
3-3 配管の養生方法 (配管端部)
3-4 ダクトの養生方法 (特に清潔さを求められるダクト類)
設備マニアル目次へ戻る
4. 機 器
4-1A 機器据付け一覧表 (床置き)
4-1B 〃 (天吊り)
4-2A 基 礎(耐震)
4-2B 基礎選定の目安)
4-2C 基 礎 (屋内の基礎)
4-2D 〃 (屋上の基礎)
4-2E 〃 (地盤上の基礎)
4-3A アンカー(耐震)
4-3B アンカーボルト選定の目安)
4-3C アンカー (アンカーの取付け方法)
4-3D 〃 (アンカーの取付け方法)
4-3E 〃 (後打ち基礎アンカー)
4-3F 〃(耐 震) (直埋めL型アンカーボルトの短期許容引抜き力)
4-3G 〃(耐 震) (直埋めヘッド付アンカーボルトの短期許容引抜き力)
               (-2-)

4-3H アンカー(耐 震) (直埋めJ型アンカーボルトの短期許容引抜き力)
4-3I 〃 (箱抜きL型アンカーボルトの短期許容引抜き力)
4-3J 〃 (箱抜きJ型アンカーボルトの短期許容引抜き力)
4-3K 〃 (雄ネジ型メカニカルアンカーボルトの短期許容引抜き力)
4-3L 〃 (雌ネジ型メカニカルアンカーボルトの短期許容引抜き力)
4-3M 〃 (ケミカルアンカーボルトの短期許容引抜き力)
4-3N アンカー(耐震ストッパー) (ケミカルアンカーボルトの短期許容引抜き力)
4-3O アンカー(頂部支持材) (ケミカルアンカーボルトの短期許容引抜き力)
4-4A 機器の防振方法 (防振基礎 防振等級 U)
4-4B 〃 (防振基礎 防振等級 V〜W)
4-4C 〃 (防振基礎 防振等級 X)
4-4D 〃 (ポンプ用 既製品)
4-4E 〃 (天吊り送風機)
4-4F 〃 〃
4-4G 〃 〃
4-4H 〃 (冷却塔)
4-4I 〃 (天井隠ぺい型全熱交換器)
設備マニアル目次へ戻る
5. 配 管
5-1A 管材仕様 (規格 接合仕様)
5-1B 〃 〃
5-1C 〃 〃
5-1D 〃 〃
5-1E 〃 〃
5-1F 配管仕様 (流体と使用区分 規格、仕様)
5-1G 〃 〃
5-1H 〃 〃
5-1I 〃 〃
5-1J 〃 〃
5-1K 〃 〃
5-1L 〃 〃
5-2A 弁類仕様 (規格 使用区分 仕様)
5-2B 〃 〃
5-2C 〃 〃
5-2D 〃 〃
5-3A 伸縮継手・可とう継手 (使用区分)
5-3B 〃 〃
5-4 管の切断方法
               (-3-)

5-5A 管の接合方法 (管種と接合法)
5-5B 〃 〃
5-5C 〃 (銅管の接合)
5-5D 〃 (塩化ビニルライニング鋼管の接合)
5-5E 〃 (鋼管) (ネジ接合)
5-5F 〃 〃 (溶接接合 1)
5-5G 〃 〃 (溶接接合 2)
5-5H 〃 〃 (フランジ接合)
5-5I 〃 〃 (ハウジング接合)
5-5J 〃 〃 (メカニカルMD接合)
5-5K 〃 〃 (ハイパワー継手接合)
5-5L 〃 〃 (サドル継手の施工手順)
5-5M 〃 (鋼管) (差込接合)
5-5N 〃 (VLP) (ハウジング)(ビクトリック)接合1
5-5O 〃 〃 (ハウジング)(ビクトリック)接合2
5-5P 〃 〃 (メカニカルMD接合)
5-5Q 〃 〃 (ハイパワー継手接合)
5-5R 〃 (コーティング管)
5-5S 〃 〃 (ハイパワー継手接合)
5-5T 〃 (SUS) (メカニカル圧縮接合)
5-5U 〃 〃 (メカニカル機械式接合)
5-5V 〃 〃 (ハウジング)(ビクトリック)
5-5W 〃 〃 (溶接接合)
5-5X 〃 〃 (フランジ接合)
5-5Y 〃 (VP) (接着接合)
5-5Z 〃 〃 (差込ゴム輪接合)
5-5Z1 〃 (鋳鉄管) (メカニカル接合)
5-5Z 2 〃 〃 (差込接合 給水タイトジョイント)
〃 〃 (差込接合 排水ワンタッチジョイント)
5-5Z 3 〃 (ヒューム管) (差込接合 カラー接合A型)
〃 〃 (差込接合 ゴム輪接合B型)
5-5Z 4 〃 〃 (差込接合 圧縮ジョイント接合)
5-6A 異種管の接合方法
5-6B 〃 (鋼管と銅管)
5-6C 〃 (鋼管と鋳鉄管 排水用)
5-6D 〃 (鋼管と鋳鉄管 給水用)
5-6E 〃 (鋼管と塩化ビニル管 給水用)
5-6F 〃 (鋼管と塩化ビニル管 排水用)
5-6G 〃 (鋼管とステンレス鋼管)
               (-4-)


5-6H 異種管の接合方法 (鋼管と鉛管)
5-6I 〃 (ステンレス鋼管と塩化ビニル管)
5-6J 〃 (鋳鉄管と塩化ビニル管)
5-6K 〃 (鋳鉄管と鉛管)
5-6L 〃 (鉛管と塩化ビニル管)
5-7A 配管の支持固定 (固定支持)
5-7 B 〃 (中間支持)
5-7 C 〃 (最下部・最下階)
5-7 D 〃 (一般配管の支持)
5-7 E 〃 (防水床の配管支持)
5-7 F 〃 (防 振) (防振吊り)
5-7 G 〃 〃 (防振支持)
5-7 H 〃 (伸縮継手) (伸縮継手と横走り配管の支持方法)
5-7 J 〃 〃 (伸縮継手と縦配管の支持方法)
5-8A 埋設・埋込み配管 (地中埋設)
5-8 B 〃 (コンクリート・軽量間仕切り埋込み)
5-8 C 〃 (床上コロガシ)
5-8 D 〃 (地盤沈下対策) (排水管の屋内と屋外の貫通部)
5-8 E 〃 〃 (排水管以外の屋内と屋外の貫通部)
5-8 F 〃 〃 〃
5-8 G 〃 〃 (排水管の屋内と屋外の貫通部)
5-8 H 〃 〃 〃
5-8 I 〃 〃 〃
5-8 J 〃 〃 〃
5-8 K 〃 〃 〃
5-8 L 〃 〃 〃
5-8 M 〃 〃 (土中埋設管の接続箇所と建物周囲の横引き管)
5-8 N 〃 〃 (軟弱地盤における排水管)
5-8 O 〃 〃 (土間配管)
5-9A 弁類の取付け (蒸気トラップ装置)
5-9 B 〃 (定水位弁装置)
5-9 C 〃 (二方弁・三方弁装置)
5-9 G 〃 (減圧弁装置)
5- 10 計器類一覧表 (蒸気トラップ装置)
5- 11 A ますの取付け (ます仕様表)
5- 11 B 〃 (汚水ます) (既製ます・インバート)
5- 11 C 〃 (汚水ます) (人孔ます・インバート)
5- 11 D 〃 (既製ます・ユニホール)
5- 11 E 〃 (汚水ます) (インバートの切り方)
               (-5-)

5- 11 F ますの取付け (小口径エンビます)
5- 11 G 〃 (排水ます) (既製 ためます)
5- 11 H 〃 〃 (既製 ためます)
5- 11 I 〃 〃 (格子ます)
5- 11 J グリーストラップの取付け (現場施工・屋外)
5- 11 K 〃 (現場施工・屋内)
5- 11 L ガソリントラップの取付け (現場施工)
5- 11 M 吊りますの取付け (吊り会所ます)
5- 11 N バルブBOXの取付け (弁ます)
5- 11 O 〃 (弁きょう)
5- 11 P 散水栓BOXの取付け (散水栓BOX)
5- 11 Q 〃 (私設量水器)
5- 12 A 排水・通気金物の取付け (ワントラップ)
5- 12 B 〃 (床排水金物)
5- 12 C 〃 (床上掃除口)
5- 12 D 〃 (流し排水金物)
5- 12 E 〃 (ルーフドレーン)
5- 12 F 〃 (ベントキャップ・屋根貫通)
5- 12 G 〃 (ベントキャップ・ハト小屋)
設備マニアル目次へ戻る
6. 消火配管
6-1 消火配管仕様
6-2 消火配管の接合方法
6-3 A 消火機器周り (消火ポンプ)
6-3 B 〃 (消火用補給水槽)
6-3 C 〃 (屋内消火栓箱)
6-3 D 〃 〃
6-3 E 〃 (屋内消火栓箱・露出型)
6-3 F 〃 〃
6-3 G 〃 (屋内消火栓箱・埋込みの場合)
6-3 H 〃 (屋外消火栓箱)
6-3 I 〃 (地上式屋外消火栓)不凍栓型
6-3 J 〃 (地下式屋外消火栓)
6-3 K 〃 (送水口)
6-3 L 〃 (採水口)
6-3 M 〃 (スタンド型)
6-3 N 〃 (壁型・送・採水口)
               (-6-)

6-4 A スプリンクラー (流水検知装置)アラーム弁
6-4 B 〃 (末端試験弁装置)
6-4 C 〃 (ヘッドの取付け)
6-4 D 〃 (集熱板の取付け)
6-5 A 〃 巻出し配管 (従来工法)
6-5 B 〃 〃 (回転継手工法)
6-5 C 〃 〃 (SP用フレキ工法)
6-5 D 〃 〃 (ヘッダー工法)
6-6 A 〃 配管試験 (配管試験の種類)
6-6 B 〃 〃 (配管試験表)
設備マニアル目次へ戻る
7. 冷媒配管
7-1 A 配管材料・継手類 (銅管の外径と厚さ)
7-1 B 〃 (銅管の硬・軟の記号)
7-2 A 冷媒管の加工 (切 断)
7-2 B 〃 (銅管の曲げ加工)
7-3 A 冷媒配管の接合 (差込接合)
7-3 B 〃 (フレア接合)
7-3 C 〃 (フランジ接合)
7-3 D 〃 (接合上の注意点)
7-4 冷媒管の清掃養生
7-5 A 冷媒管の支持 (横走り管)
7-5 B 〃 (縦管隠ぺい部)
7-6 冷媒管の伸縮
7-7 A 防火区画貫通処理 (BJC−防災−400評定品)使用場所:床・壁
7-7 B 〃 (BJC−防災−897評定品)使用場所:床
7-7 C 〃 (BJC−防災−1091評定品)使用場所:壁
7-7 D 〃 (BJC−防災−621評定品)使用場所:床・壁
7-7 E 〃 (BJC−防災−702評定品)使用場所:床・壁
7-7 F 〃 (BJC−防災−948評定品)使用場所:床
7-7 G 〃 (BJC−防災−948評定品)使用場所:壁
7-7 H 〃 (BJC−防災−948評定品)使用場所:壁
7-7 I 〃 (BJC−防災−609評定品)使用場所:壁
7-7 J 〃 (BJC−防災−610評定品)使用場所:床
7-7 K 〃 (BJC−防災−1153評定品)使用場所:床
7-8 気密試験と真空乾燥
7-9 冷媒充填
7- 10 試運転調整
7- 11 関連機器の試運転調整
設備マニアル目次へ戻る
               (-7-)


8. さや管工法
8-1 さや管仕様
8-2 管種と接合法
8-3 さや管の保管
8-4 A さや管の敷設 (敷設位置)
8-4 B 〃 (曲げ半径及び曲げ数)
8-4 C 〃 (支持及び結束間隔)
8-4 D 〃 (敷設上の注意事項 1)
8-4 E 〃 (敷設上の注意事項 2)
8-5 さや管の通管
8-6 A さや管の器具接合 (1)
8-6 B 〃 (2)
8-7 防火区画貫通処理
設備マニアル目次へ戻る
9. ダクト
9-1 A ダクト材料仕様 (関連資材の規格仕様 1)
9-1 B 〃 (関連資材の規格仕様 2)
9-2 A ダクト制作仕様
〃 アングル工法 (矩形ダクト・スパイラルダクト)
9-2 B 〃 〃 (矩形ダクト・板厚・圧力)
9-2 C 〃 〃 (矩形ダクト・低圧ダクト仕様)
9-2 D 〃 〃 (矩形ダクト・高圧ダクト1・2・3・排煙ダクト仕様)
9-2 E 〃 〃 (矩形ダクト・低速ダクト・高速ダクト仕様)
9-2 F 〃 〃 (スパイラルダクト・低圧・高圧ダクト1・2仕様)
9-2 G 〃 〃 〃
9-2 H 〃 〃 〃
9-2 I 〃 〃 (排煙ダクト 円形ダクト仕様)
9-2 J 〃 〃 〃
9-3 A 〃 コーナーボルト工法 (共板工法 低速ダクト・高速ダクト仕様
9-3 B 〃 〃 (共板工法 低圧ダクト仕様)
9-3 C 〃 〃 (共板工法 フランジ金具仕様)
9-3 D 〃 〃 (共板工法 スライド工法)
9-3 E 〃 〃 (共板工法 スライド工法 低圧ダクト)
9-3 F 〃 〃 (スライド工法のフランジ)
9-3 G 〃 〃 (共板工法 スライド工法)
9-4 A 〃 グラスウールダクト (使用条件・仕様)
9-4 B 〃 〃 (ダクト補強)
9-5 A はぜ・接合・補強 (矩形ダクトはぜ)
9-5 B 〃 (矩形ダクトはぜ)
               (-8-)


9-5 C はぜ・接合・補強 (アングル工法フランジ接合)
9-5 D 〃 (補強 リブ補強)
9-5 E 〃 (補強 アングル補強)
9-5 F 〃 (補強 ダイヤモンド補強)
9-5 G 〃 (補強 タイロッド補強)
9-5 H 〃 (タイロッド補強の本数)
9-5 I 〃 (シール施工 重点注意箇所1)
9-5 J 〃 (シール施工 重点注意箇所2)
9-5 K 〃 (共板工法ダクト補強)
9-5 L 〃 (共板工法ダクトフランジ部クリップ取付け)
9-6 A 吊り・支持金物 (吊り金物)
9-6 B 〃 (支持金物 壁面・床上)
9-6 C 〃 (支持金物 屋外・防振)
9-6 D 〃 (円形ダクト 壁面・床上)
9-7 キャンバス継手 (材質及び枚数、製作要領)
9-8 A 器具の取付け (防火ダンパの取付け)
9-8 B 〃 (ガラリの取付け 1)
9-8 C 〃 (ガラリの取付け 2)
9-8 D 〃 (換気扇の取付け)
9-8 E 〃 (セルフード・ベントキャップの取付け)
9-8 F 〃 (吹出口用ボックスの取付け)
9-8 G 〃 (ブリーズライン用ボックスの取付け)
9-8 H 〃 (レジスタ用ボックスの取付け)
9-8 I 〃 (天井扇・中間ファンの取付け)
9-8 J (吹出口(アネモスタット)の耐震取付け)
9-8 K (吹出口(システム天井用)の耐震取付け)
9-8 L (システム天井用EDチャンバーの耐震取付け)
9-9 A 点検口 (設置場所)
9-9 B 〃 (取付け詳細 外開き型 内開き型)
9- 10 温度計・測定口 (取付け部)
9- 11 A ダクトの貫通処理 (壁面 一般壁・防火区画貫通)
9- 11 B 〃 (床 デッキプレート床の貫通)
9- 11 C 〃 (床 一般RC床の貫通)
9- 11 D 〃 (床貫通部 スリーブ式ダクト)
9- 11 E 〃 (外壁貫通部 断熱あり)
9- 11 F 〃 (外壁貫通部 断熱なし)
9- 11 G 〃 (ハト小屋周り)
9- 11 H 〃 (屋根貫通部)
               (-9-)

9- 12 A ダクト消火 (電器配管、配線)
9- 12 B 〃 (消火配管)
9- 12 C 〃 (レンジ用フライヤーノズル)
9- 12 D 〃 (フード用ノズル)
9- 12 E 〃 (ダクト用・グリスフィルター用ノズル)
9- 12 F 〃 (センサーの取付け 1)
9- 12 G 〃 (センサーの取付け 2)
9- 12 H 〃 (システム参考図)
9- 12 I 〃 (ノズル・センサーの取付け参考図)
設備マニアル目次へ戻る
10. 自動制御機器
10- 1 A 自動機器の取付け (測温検出端の取付け 配管用)
10- 1 B 〃 (測温検出端の取付け ダクト用)
10- 1 C 〃 (温度・湿度センサーの取付要領)
10- 1 D 〃 (圧力発振器・圧力検出器の取付要領)
10- 1 E 〃 (静圧検出器・差圧測定検出器の取付要領)
10- 1 F 〃 (流量検出器の取付要領)
10- 1 G 〃 (電磁流量計の取付要領)
10- 1 H 〃 (ルームサーモスタット・ヒューミディスタットの取付要領)
10- 1 I 〃 (壁付機器の参考取付高さ1)
10- 1 J 〃 (壁付機器の参考取付高さ2)
10- 1 K 〃 (ダンパーモーターの取付要領)
10- 1 L 〃 (ファンコイル周り)
10- 1 M 〃 (VAV周り)
10- 1 N 〃 (制御弁)
10- 1 O 〃 (フリーアクセス用ボックス)
10- 1 P 〃 (自立制御盤 屋内設置)
10- 1 Q 〃 (自立制御盤 屋外設置
10- 1 R 〃 (壁掛形制御盤)
10- 1 S 〃 (漏水検知機の取付け要領)
10- 2 A 計測用導圧管工事 (検出配管)
10- 2 B 〃 (液体・蒸気の場合の導圧配管)
10- 3 自動制御の点検及び検査 (検出配管)
10- 4 自動制御の試運転調整
設備マニアル目次へ戻る
               (-10-)

11. 衛生機器の取付け
11- 1 A 衛生器具の取付け位置 (大便器・小便器の取付け位置)
11- 1 B 〃 (洗面器・掃除用流しの取付け位置)
11- 1 C 〃 (水栓・シャワー類の取付け位置)
11- 2 A 〃 (和風大便器) (鉛管接続 1)
11- 2 B 〃 〃 (鉛管接続 2)
11- 2 C 〃 〃 (ネオジョインター接続)
11- 2 D 〃 〃 (耐火カバー使用鉛管接続)
11- 2 E 〃 〃 (耐火カバー使用ネオジョインター接続)
11- 2 F 〃 (洋風大便器) (鉛管接続)
11- 2 G 〃 〃 (ネオジョインター接続)
11- 2 H 〃 (床置きストール小便器) (トラップ付鉛管接続)
11- 2 I 〃 (床置きストール小便器) (トラップなし鉛管接続)
11- 2 J 〃 (壁掛ストール小便器) (鉛管接続)
11- 2 K 〃 (壁掛ストール小便器) (ネオジョインター接続)
11- 2 L 〃 (壁掛ストール小便器) (鉛管接続取付け手順)
11- 2 M 〃 (壁掛ストール小便器) (ネオジョインター接続取付け手順)
11- 2 N 〃 (小便器節水システム) (3人立ち参考)
11- 2 O 〃 (洗面器) (鉛管接続 RC構造の場合)
11- 2 P 〃 〃 (鉛管接続 GL工法の場合)
11- 2 Q 〃 〃 (ネオジョインター接続 RC構造の場合)
11- 2 R 〃 〃 (ネオジョインター接続 GL工法の場合)
11- 2 S 〃 〃 (鉛管接続 軽量間仕切りの場合)
11- 2 T 〃 〃 (ネオジョインター接続 軽量間仕切りの場合)
11- 2 U 〃 (掃除用流し) (取付け手順1)
11- 2 V 〃 〃 (取付け手順2)
11- 2 W 〃 (ロータンク) (RC構造の場合)
11- 2 X 〃 〃 (フラッシュ壁の場合)
11- 2 Y 〃 (ハイタンク) (RC構造の場合)
11- 2 X 〃 〃 (フラッシュ壁の場合)
11- 2 Z1 〃 (浴 槽) (取付け手順)
11- 2 Z2 〃 (紙巻器) (RC構造の場合)
11- 2 Z3 〃 〃 (フラッシュ壁の場合)
11- 2 Z4 〃 (化粧鏡) (RC構造の場合)
11- 2 Z5 〃 〃 (GL工法の場合)
11- 2 Z6 〃 〃 (軽量間仕切りの場合)
11- 2 Z7 〃 (洗濯機パン) (横引きトラップの場合)
11- 3 A 湯沸し器(耐震) (壁掛式)
11- 3 B 〃 (置き台式)
11- 4 厨房器具(耐震) (移動防止)
設備マニアル目次へ戻る
               (-11-)

ファイルのダウンロードページへ
Word版 \12.000  CAD版 \15.000  PDF版 \4.000

トップページに戻ります
(C) Copyright 2001.サカモト企画. Allrights reserved